ベルタ葉酸の人気のヒミツ!成分と効果をチェックしてみた

ベルタ葉酸の効果

 

ベルタ葉酸は、数ある葉酸サプリメントのなかでも人気がとても高い製品です。

 

どうしてそんなに人気があるのか、その理由を成分や効果・効能といった視点からチェックしていきましょう。。

 

美容と健康のために欠かせない成分である葉酸を効果的に取り入れるため、ベルタ葉酸をどう役立てればいいかお話していきます。

 

原材料 "乾燥酵母、葉酸含有酵母、もろみ酢粉末、燕の巣加工品(デキストリン、酵素処理 燕窩)、ミネラルイースト、ヨウ素含有酵母、フィッシュコラーゲン(ゼラチン)、馬プラセンタエキス末、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、白菜、アスパラガス、トマト、野沢菜、れんこん大麦若葉、ケール、ブロッコリー、キャベツ、大根葉、かぼちゃ、さつまいも(紫芋)、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、苦瓜、貝殻未焼成カルシウム、セルロース、クエン酸鉄Na、ステアリン酸Ca、クエン酸、ビタミンB6、ビオチン、サンゴカルシウム、着色料(β-カロテン)、ビタミンC、ヒアルロン酸、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンA、葉酸、ビタミンD3、ビタミンB12(順不同)

ベルタ葉酸に含まれている「葉酸」ってどんなもの?働きや効果は?

葉酸とは、ビタミンB群に属する水溶性のビタミンです。

 

ほうれん草などの葉物野菜に多く含まれていますが、肉や魚などの動物性食品にも含まれています。

 

食材から摂取する葉酸はポリグルタミン酸型葉酸に分類されており、体内での吸収率はあまりよくありません。

 

ベルタ葉酸に含まれている葉酸はモノグルタミン酸型葉酸で、体内での吸収率はポリグルタミン酸型葉酸よりもよくなっています。

 

食物から葉酸を十分に摂れている人はそのままでいいですが、きちんと摂れているか自信がない人は、ベルタ葉酸のようなサプリメントから摂取するのがおすすめです。

 

 

葉酸は、細胞分裂やDNAの生成に深くかかわっています。

 

ビタミンB群はどれも健康な体のために欠かすことのできないものばかりですが、そのなかでも葉酸は重要な栄養素です。

 

葉酸が欠乏すると体全体の細胞に支障が出てくるので、肌荒れしたり体の調子が悪くなったりしてしまいます。

 

ですが葉酸の欠乏が最も影響を及ぼすのは、妊娠時の母体と胎児です。

 

妊娠初期に葉酸が不足していると、胎児に先天的な神経管閉鎖障害が現れるリスクが高まってしまいます。

 

そのため、妊娠に気づく前から葉酸をしっかり摂取しておくことが大切なのです。

 

ベルタ葉酸の葉酸以外の成分は?

ベルタ葉酸には、モノグルタミン酸型葉酸以外にも、さまざまな成分が配合されています。

 

妊婦に不足しがちな鉄分が16mg、カルシウムが232mg、野菜成分が21種類、ヒアルロン酸・ツバメの巣・プラセンタ・コラーゲン・黒酢もろみなどの美容成分も含まれています。

 

他の葉酸サプリメントには、ここまでの美容成分が入っているものはあまり見当たりません。

 

またこれらの美容成分はすべて天然由来のものを使用し、無添加にて製造されています。

 

葉酸に鉄分やカルシウム、各種美容成分がプラスされているため、ベルタ葉酸を飲んでいればもう他のサプリメントは母体のために追加で飲む必要がないといえるでしょう。

 

ベルタ葉酸を摂取することで得られるメリット

ベルタ葉酸の効果

 

ベルタ葉酸を生活に摂りいれることで、まず母体へのメリットがあります。

 

細胞分裂や代謝の状態がよくなり、細胞レベルでの健康状態がアップします。

 

葉酸の持つ赤血球を正常に生成する効果と、貧血防止のための鉄分の効果が相まって、血液も正常値に近づいていきます。

 

健康な命は健康な母体に宿るといわれますから、母体がいつでも赤ちゃんを迎えられる状態になるということは、受精卵が正常に育つ可能性が高まるということ。

 

受精卵が着床するかどうかくらいの妊娠初期から葉酸が十分に母体に足りていることで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクも大幅に軽減されます。

 

また葉酸は一度に摂ってその後しばらく摂らなくても大丈夫という栄養素ではありません。

 

毎日継続して400マイクログラムを摂取することが厚生労働省により推奨されています。

 

忘れずに続けて葉酸を摂りいれるには、やはり手軽なサプリメントがもっとも効率的です。

 

これらのメリットは、妊娠する前からベルタ葉酸を摂取しておくことで存分に享受できます。

 

そろそろ赤ちゃんが欲しいと思い始めたら、まずはベルタ葉酸を飲むことからスタートするのがおすすめです。