ベルタ葉酸が妊娠期の女性におすすめの理由は?

ベルタ葉酸 妊娠

 

ベルタ葉酸は、そろそろ赤ちゃんが欲しいな…と思い始めた多くの女性から選ばれている葉酸サプリメントです。

 

ベルタ葉酸を摂取すると、妊娠にどのような効果が期待できるのか、また妊娠した際にはどのような効果を発揮するのか、胎児にはどのような影響があるのかをお話しします。

葉酸と妊娠・出産の関係

妊娠中に摂りたいサプリメントの筆頭であるベルタ葉酸。

 

葉酸は妊娠や出産をサポートする効果のある栄養素です。

 

妊娠する際には、母体や受精卵が普段よりも多くの葉酸を必要とするため、妊娠が成立するときにはすでに十分な量の葉酸が体内に準備されている必要があります。

 

受精卵が子宮内に着床するときにも、妊娠初期に赤ちゃんの体が作られていくときにも、葉酸は使われます。

 

特に妊娠7週までは、赤ちゃんの体の細胞分裂がもっとも活発になる時期です。

 

この時期には母体から葉酸が欠乏しないように、十分気を付けておく必要があるのです。

 

 

 

また妊娠8週以降も葉酸を続けて摂取することで、流産リスクの低下や、赤ちゃんの成長を促す効果が期待できます。

 

妊娠中期からは早産リスクの軽減や貧血防止にも役立ちます。

 

そして母体から血液がある程度の血液が失われる出産時の貧血予防、出産後の母乳の分泌をよくする効果も葉酸には期待できるのです。

 

妊娠する前から妊娠後、そして出産を経て授乳期まで、およそ1年以上摂取し続けたい栄養素が葉酸なのです。

 

葉酸不足が母体や赤ちゃんに引き起こす症状

ベルタ葉酸 妊娠

 

葉酸が不足すると、母体には貧血リスクが高まったり、動悸・息切れなどの症状が出たりすることがあります。

 

また葉酸には脳神経に働きかける作用があるため、不足するとうつ症状が出やすくなってしまいます。

 

さらに妊婦がかかりやすい妊娠高血圧症候群リスクも高まるとされており、医療現場ではその予防として葉酸が投与されることもあります。

 

 

 

胎児への影響としては、葉酸不足が続くと二分脊椎や無脳症などの神経管閉鎖障害や、口唇裂のリスクが高まる危険があります。

 

妊娠初期から葉酸を一日400マイクログラム摂取することで、これらの発症リスクを7~8割減少させることができます。

 

 

 

出産してから始まる授乳期にも、葉酸不足はよくない影響を与えてしまいます。

 

葉酸は血液の生成にも深くかかわっている栄養素ですが、赤ちゃんのエネルギー源である母乳は血液からできています。

 

別名「白い血液」とも呼ばれる母乳の質をよくする鍵が葉酸なのです。

 

葉酸が不足していると、せっかく母乳が出ているのにも関わらず質が悪かったり、母乳の出そのものが悪くなったりしてしまう可能性があります。

 

また産後の体の回復にも、葉酸は多く使用されます。

 

ママの大仕事である出産は、子宮に大きなダメージを与えてしまいますが、葉酸が不足していると細胞の修復がスムーズに行われなくなってしまいます。

 

 

 

こういった理由から、厚生労働省が葉酸を推奨し、現在では母子手帳にも葉酸摂取のすすめが記載されています。

 

葉酸を飲むなら一時的ではなく、まとまった期間飲み続けるべきだと言われていますが、具体的には妊娠時から授乳期が終わるまでという意味です。

 

授乳期が終わるのは個人差がありますが、妊娠してから授乳期が終わるまでには、およそ1年から2年ほどかかると思っておいたほうがいいでしょう。

 

その間、毎日葉酸を400マイクログラムずつコンスタントに摂取する必要があるということなのです。

 

ベルタ葉酸をおすすめするのはこんな人!

野菜や動物性食品にも葉酸は含まれていますが、厚生労働省の推奨する一日400マイクログラムの葉酸を摂るには、膨大な量を食べなくてはなりません。

 

野菜などに含まれている葉酸は水洗いや調理の際に失われやすく、また体内での吸収があまりよくありません。

 

好き嫌いなく食べている人でも、毎日コンスタントに葉酸を400マイクログラム摂るのは至難の業。

 

ましてや好き嫌いがある人、小食の人、つわりなどで吐き気がある人などは、とても400マイクログラムの葉酸を食べ物から摂ることはできません。

 

ベルタ葉酸は、まさにそんな人におすすめです。

 

好き嫌いはないけれどなかなか自炊ができない、職場の人とのランチで融通が利かないなどという人にもぴったりです。

 

ベルタ葉酸は一日4粒で、厚生労働省が推奨する一日400マイクログラムの葉酸を摂取することが可能です。

 

しかも体内で吸収されやすいモノグルタミン酸型葉酸を使用していますから、食べ物から摂るよりもはるかに効率よく葉酸を吸収することができるのです。