ベルタ葉酸は安心して飲めるサプリメント?

ベルタ葉酸 副作用

 

ベビ待ちをしている人や、妊娠中の人におすすめのベルタ葉酸ですが、何も心配せず口にしても大丈夫なのでしょうか?

 

葉酸って最近よく耳にするようになった成分だけど、本当に大丈夫なの?

 

自分だけではなく、赤ちゃんにも影響してくるだけに、気になってしまう人も多いでしょう。

 

また葉酸には副作用の心配はないのでしょうか?

 

こちらでは、ベルタ葉酸を摂取する際に心配なことや、副作用についてお話していきます。

ベルタ葉酸の安全性はどれくらい?

赤ちゃんの健康を願って飲むベルタ葉酸ですから、その安全性はとても気になりますね。

 

少しでも不安があるものは口にしたくないというのは、ママに共通する思いです。

 

ベルタ葉酸は「栄養機能食品」の表示を許可されているサプリメントです。

 

栄養成分の含有量など国の定めた基準をクリアしていないと表示することができません。

 

また香料・着色料・保存料・発色剤・防カビ剤・膨張剤・光沢剤などの添加物は使っていません。

 

母体と赤ちゃんのためによいものだけを口にしたいというママの願いにこたえてくれる内容だといえますね。

 

 

 

また厚生労働省の推奨する葉酸の一日摂取量400マイクログラムに過不足のない、体内で吸収されやすいモノグルタミン酸型葉酸を配合しているベルタ葉酸。

 

妊娠前から出産後、授乳期まで一年以上にわたり長く飲んでも安心できるサプリメントなのです。

ベルタ葉酸に副作用はある?

ベルタ葉酸に含まれるモノグルタミン酸型葉酸は、水溶性ビタミンの一種となっています。

 

水溶性というのは、過剰に摂取してもその分が水分に溶け、尿と一緒に排出されるということです。

 

ですから少しくらい、厚生労働省の推奨する一日400マイクログラムを超えて摂取しても問題はありません。

 

ですが毎日のように大幅に基準値を超える量の葉酸を摂取し続けると、副作用が表れることがあります。

 

副作用が出るほどの葉酸を食事から摂ることはほぼ不可能ですから、気を付けるべきは勘違いからくる葉酸サプリメントの過剰摂取くらいに限られてきます。

 

あまり神経質になる必要はありませんが、飲む際にはしっかり個数を確認してから飲むようにしましょう。

ベルタ葉酸の副作用 具体的な症状は?

ベルタ葉酸 副作用

 

基準値を大幅に上回る量の葉酸を続けて摂取していると、体調に変化が表れることがあります。

 

具体的には吐き気や悪心、むくみ、湿疹などの皮膚疾患、不眠などの症状が母体に現れます。

 

もし摂取量を守っているのにこれらの症状が表れた場合には、他の原因があることも考えられますので、医師の診察を受けるようにしてください。

 

 

また胎児に先天的な喘息リスクが高まるということが、オーストラリアの研究から分かってきています。

 

これは一日に1000マイクログラムという高濃度で葉酸を摂取した場合ですので、ベルタ葉酸を一日4粒という用法を守って飲んでいる場合には心配いりません。

 

葉酸というのは、少なすぎても健康に影響し、多すぎても副作用が出てしまう成分だということを知っておきましょう。

ベルタ葉酸の副作用を防ぐにはどうすればいい?

ベルタ葉酸による副作用を防ぐためには、まず一日の摂取量を守ることが大切です。

 

一日に4粒の接収が推奨されていますから、それを必ず守りましょう。

 

分かりやすく2粒ずつに分け、朝と晩で摂取するのがおすすめです。

 

 

 

他社の葉酸サプリメントを飲んでいたけれど、最近ベルタ葉酸に変えたという人は、以前の摂取量と混同しないように気を付けてください。

 

もらいものや、海外のお土産の葉酸サプリメントを飲んでみるということも、あまりおすすめできません。

 

海外の葉酸サプリメントは、日本の一日推奨摂取量である400マイクログラムを超えていることも少なくないからです。

 

ベルタ葉酸を飲み始めたら、他のメーカーのサプリメントをたまに飲んでみるというのはリスクがあると思っておいた方がいいでしょう。

 

 

 

またベルタ葉酸を飲んだかどうか忘れてしまった場合は、追加で飲まないようにするのも大切です。

 

飲み忘れを防ぐために、ピルケースにあらかじめ小分けしておくのもいい方法。

 

カレンダーなどにしるしをつけたりして、自分で分かりやすいようにしておくのが一番確実だといえるでしょう。

 

副作用が心配な葉酸だからこそ、しっかりした自己管理が必要なのは言うまでもありません。

 

赤ちゃんに過不足なく葉酸成分を届けてあげるために、ママにできる工夫をこらして妊娠期間を健やかに過ごしましょう。